第4回東日本キッズ柔術選手権 試合レポート

遅くなりましたが14日に行われた東日本柔術選手権の試合レポートです。

サイジムからは小学生1年生そあ、3年生らいど、中学1年生こう、中学2年生しん、らいど以外は柔術初公式戦。そあは柔術の初試合。

前回からトライフォース柔術アカデミーでの参戦ということでみんな合同でアップしました!同じ階級や女の子がしたりやっぱ多いといいね!

それでは試合レポートです。

横山奏亜 ピーウィー1白/灰/黄帯フェザー級1回戦

女子でエントリーしていたけど相手がいなくて男子カテゴリーへ。開始早々にタックルでテイクダウンで2P。相手のクローズドガードを割ってパス行こうとしたところスイープされマウント、腕十字で一本負け。試合前は緊張なのかガチガチだったけど、試合が始まったら動きも良くてやれることは全部出した。負けて泣くってことは悔しかったからだと思うので次に活かしてほしい。

 

関川礼人 ピーウィー3白/灰/黄帯ライトフェザー級1回戦

開始早々に払い腰っぽい投げを狙うが逆につぶされ下になりマウントまで取られるが足をきかして上を取り返す。上を取るもパスやマウント、バック全部いいところまでいくんだけど、しっかりポイントを取るということが頭にない感じ。動きがいいだけにもったいない。下になっても下から腕十字を何回もアタック。動き自体は凄く良かったけど、勝つには点数も取らないとね。

 

松本洸 ティーン1白/灰/黄帯フェザー級決勝戦

最初に引き込まれるもパスしてバックもで取れそうになるも立たれて倒され下に。そこからはサイド、マウント、腕十字と攻められるも驚異的に粘り、返して立つもまた倒されマウント、腕十字、また返すも同じ展開、最後まで粘ったが残り1秒で腕十字で1本負け。強い選手だったけど最後まで諦めずによく頑張った。技術的なことを言えば下になったら何もできない。それは練習の時から知ってたし、自分でもわかってるので次の稽古から課題を持って取り組んでほしい。

 

松本真 ティーン2白/灰/黄帯フェザー級決勝戦

引き込んで自分の形にしようとするも相手も引き込み際にパスを狙う。脚効かせてなかなか良かったけど、頭まで回られて腕がらみからの腕十字で1本負け。柔術初公式戦が格上選手で厳しかったけど、自分の持ち味は少し出せた。しっかり自分の形を作ってこのまま柔術も頑張ってほしい。

 

ということで参加した4人全員初戦敗退という厳しい結果に。中学生になっても柔術続けてる子はやっぱり強い。しんとこうはまだまだ柔術歴が浅い中、強豪選手とやれて今の自分の実力が良くわかった思う。でも続けていけば絶対強くなれるから、どのジムでもみんなが中学でやめてくなか続けて10代で紫帯目指してほしいし、続けていれば絶対に取れるから。らいどはさすが経験者で動きも悪くなかったし、メダルも獲れるくらいの実力はあると思う。あとはどうやったら試合に勝てるのかもう少し考えて動ければ勝率はかなり上がると思う。そあも男子ばかりのなかよく頑張った。6歳の実力を侮っていた。決勝戦はレベルが違った。

 

でも挑戦した君たちは素晴らしい!!負けなんて関係ない!!どんどん突き進め~

応援に来てくれたりゅうともありがとう!

 

最後はトライフォース柔術アカデミーでパチリ!つぎは団体優勝するぞ!!

SCHEDULE

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

人気の投稿とページ

PAGE TOP