武士道CHALLENGE 試合レポート

1/27に行われた武士道CHALLENGE及びK2GRANDPRIX2019の試合レポートです。サイジムからは幼年1人、小学生4人、中学生1人、一般1人出場しました。

毎年夏に行こなわれる武士道SPIRITのほかに今年初めて開催された武士道CHALLENGE。K2グランプリの地方予選も兼ねていてこの大会1つでルールが4つもあり、しかも微妙に違っていて大変なのに主催の小林先生は完璧にレフリングしていてほんとにすごいと思った。

それでは試合レポートです。

幼年SPIRIT おうか(キックパンツ)

はじめてのキックの試合に出場したおうか。作戦通り動いたけど相手選手も非常に強くて何発もお腹にキックや前蹴りもらって大丈夫かと心配になったかが気持ちで負けることなく最後まで戦って0-3の旗判定負け。

小学SPIRIT りゅうか(キックパンツ)

りゅうかも同じくキックデビュー戦。2試合とも事前の作戦通りに前に出てパンチキック。1試合目は3-0で旗判定勝ち。2試合目も押しまくっていたけど、残り数秒でハイキックを当てられ判定負け。デビュー戦なのに技術以上に気持ちがとても出てた。

小学SPIRIT とら(キックパンツ)

とらも2試合。1試合目は突っ込んでくる相手に最初押されるも後半自分の戦い方ができて良かったけど結果は1-2旗判定負け。2試合目は最初から自分の動きができ1試合目より動きも良くていい感じだったけど、ハイキックを2本当てられ1本負け。とらはいつもいい勝負するんだけど勝てない。結果が出ないのに自分を信じて戦えと言ってもなかなか厳しいよな。いい勝負してるのに勝たせられなくても申し訳ない。

小学SPIRIT みく(キックパンツ)

相手選手は男子だったけど、得意の右ミドル、ハイキックが炸裂。近くなったら押して攻撃とぶれない戦い方で2回ハイキックを決めて1本勝ち。今回も練習では見せない動きで勝利。練習もそれくらいやれよ~~

小学SPIRIT きずな(キックパンツ)

全体的に悪くなかったし、押してるようにも見えたけど結果は1-2旗判定負け。相手の勢いに自分も熱くなりもう少し冷静に戦えば結果は違ったかもしれない。あと打ち終わりにパンチもらうのはダメージがなくてもイメージが良くない。これは練習の時からずっと言ってるので徹底的に練習から意識しなければならない。

中学CHALLENGE れんと(キックパンツ)

少しルールが変わり、打撃ヒットでポイント。いい距離間からのパンチ、キックで序盤にペース握るも後半になると相手の攻撃のあとに攻撃で先に当てられちゃうのでダメージがなくても有効だとして相手にポイントが入り。結果6-8でポイント負け。残り30秒で6-6の同点に追いつかれたときに強気でいけなかったのが一番の敗因かな。

てことで勝った試合は圧勝だったけど、負けた試合は全部僅差。でも前回も負けた試合は僅差で結果だけ見れば勝ちにつなげることができず改善できなかった。もちろんルールの違い等もあるけど、技術の部分、気持ちの部分、練習での意識の部分を自分も含めもう1回選手たちと良く考えて改善していかなければならない。

K2トーナメント準決勝 りょうま(パンツ)

はじめてのK2の試合でルールは8本以上腰より高くキックを相手に当てないと反則になってしまうルールなんだけど開始早々に相手の突っ込んで来ながらのフックを当てられ、むきになって打ち返し、それからは練習と違う動きになって、ただパンチを打ち合う試合。結果からいえばりょうまのキックの有効打が一定数に達しないため反則負けでした。反則負けに関しては俺がルールのは把握をしっかりできてなく指示もできなかった俺の責任。選手にも相手選手にも関係者にも申し訳なかったです。

また一般参加はりょうまだけでしたが、多くの応援ありがとうございました。練習に付き合ってくれたジム生もありがとう。関係者の皆様もありがとうございました。

次は2月23-24日2DAYS東京で開催される全日本マスター柔術選手権。柔術おじさんたちの日本一を決める柔術甲子園です。サイジムからも数名出場します。

3月3日はアスパーク亀田でアマ修斗、ビギナー修斗、キッズ修斗、キッズグラップリング、キッズ柔術、ビギナーグラップリング、ビギナー柔術です。こちらもサイジムから数名出場します。

カテゴリー

アーカイブ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP