越後春一番乃陣2019 試合レポート~キッズ編~

それでは3月3日の行われた越後春一番乃陣キッズの試合レポートです。キッズはキッズ修斗、キッズグラップリング、キッズ柔術の3カテゴリで行われました。サイジムからは10人のキッズが参戦しました。

5つの道場から約30名の参加。県外からも来てくれました。
実行委員長の風田代表からの無茶ぶりでテンパる参加者たち(笑)
でもとても良いことだと思う。

キッズグラップリング(抑え込みルール)横山奏亜

開始早々にタックルでテイクダウン取るもそこからは2選手とも動きまくって激しい展開に最後に残り10秒バックキープして一本勝ち
押されて下になるもクローズドガード。隙をついてガードを外してプッシュしてくる相手の脇からくぐりバックキープして一本勝ち

キッズグラップリング(抑え込みルール)吉田凰夏

終始お互い押しあい終盤にバック取りかけるも時間切れで引き分け
序盤からバックを取ってコントロールするもなかなか3秒キープできず時間切れで引き分け

キッズグラップリング(抑え込みルール)吉田龍力

開始と同時にタックルでテイクダウン、パスするもバック取られる。そこからもお互い激しいポジション争い。終始動きまくって時間切れで引き分け。この試合が俺の中ではベストバウト2人とも終始素晴らしい動きでした。
またも菓子と同時にタックルでテイクダウンしてマウント取るもブリッジされサイドで抑え込まれて一本負け。

キッズ柔術 藍木美空

抑え込みルール。引き込むもそのままパスされ抑え込み一本負け
引き込まれてスイープされマウント。返すもまたもスイープ、マウント取られ13-0で判定負け。

キッズ柔術 阿部旺太郎

抑え込みルール。押し合いのなか、下になりそのまま抑え込まれ一本負け
開始早々に引き込まれ、下からの三角締めは凌ぐも腕十字で一本負け。攻めようとする意識がみられない。練習の時から変わろうとしなければ多分ずっとこのまま。

キッズ柔術 松本洸

ずっと練習していた背負いからパス。最後は腕がらみで一本勝ち
タックルでテイクダウン。起きてきたところをバック取ってスリーパーで一本勝ち

キッズ柔術、キッズグラップリング 藍木連斗

開始から下から得意な形を作られ、スイープされなかったけど、攻めることもできず0-0。レフリー判定で負け
序盤に引き込まれる。もつれて下になり粘るもパスされ3ポイント取られる。終盤にスイープしてバック取りかけるもキープできず2ポイントどまりで3-2で判定負け
相手がタックルしてきたところもつれて上になり、そのままニーオンからの腕十字で一本勝ち

キッズ柔術 松本真

引き込まれるも下からアタック。終盤に腕がらみ仕掛けるも逆にその手を取られ腕十字の体制に。そのまま時間切れで終了後相手にアドバンテージが入りA1-0で判定負け
大外っぽい感じでテイクダウン。そのままマウントから腕がらみするも返されるが、その手をそのまま取り三角締めも時間切れで9-0判定勝ち

キッズグラップリング、キッズ修斗 関川礼人

キッズグラップリング。投げ狙うも下になるがマウント、バックでコントロール。時間切れで引き分け
キッズグラップリング。相手選手のタックルで何回も下になるがパスさせない。上を取るもタックル。でもパスされないという展開が続き時間切れで引き分け
キッズ修斗。お互い打撃戦からテイクダウンされるも下から腕十字でテクニカル一本勝ち

キッズ修斗 吉田彪将

キッズ修斗。相手はMMA16戦負けなしの強豪選手。序盤とらのいいミドルが入るも脇をさされ投げられる。そのままサイドからのV1アームロックでテクニカル1本負け
こうは2試合とも1本勝ちで優秀賞。米10㎏GET!

ということで盛り上がったキッズ大会。

そあ、おうか、りゅうかの3人は相変わらずのノンストップ攻撃でそして勝ちに向かってまっしぐらって感じで非常に良い。みく、おうたろうはもっと自信を持って攻めるべき、もし自信が持てないのなら練習から見直してみな。らいどは自分の形ができつつある。とらはいつも最初の試合が気持ちが入ってこなくて動けないことが多かったけど、今回は凄く良かった。れんとも後手になることはあったけど、最後まであきらめない気持ちがあった。こうは練習の成果が出た。ここ最近練習の時から動きが全然違ってきたからいい結果は出ると思ってた。しんも最初はまだ迷いがある感じがあったけど2試合目はしっかり攻めきった。

らいど、こう、しんの3人はなかなか勝てない時期が続いたけど、最近自分の形が見えてきて勝負できるようになってきた。そうなると迷いもなくなり結果も良くなってくる。練習の時から自分はこうして戦うんだと決めてからやると良くなる。人に言われてやるんじゃなくて自分で考えてやることが大事。

そあ、おうか、りゅうかは迷いなく攻めている。きっとこうされたらどうしようとか考えていない。でも考えてもしょうがない。動いて負けたのなら次に生かせるけど、自分から動かずして負けたら、得るものは少ない。

とはいえ試合に出ることは精神的にも肉体的にもプレッシャーになる。でも試合後は絶対に出て良かったと思えるはず。そんな頑張って試合に出てるキッズたちの応援に試合に出ないキッズたちもぜひ応援に来てもらいたい。

試合は強制じゃないので出る出ないはどちらでもいいのだけど、学校では競争させないで社会になると競争社会。 負けて悲しい思いをさせたくない、負けるのが怖くて一歩踏み込めないまま社会人になるほうがよほど怖いと思う。試合に出なくても練習でそういう意識もすこしあってもいいかもね。楽しいのが一番だけど(^^)

次は3月24日のTENKAICHI。現在2名出場予定。ジム内締切は3/8です。

9月にまたキッズ大会あります。今回、とら、らいど以外にもみく、こう、しん、れんとの4人もキッズ修斗エントリーするも対戦相手は見つからず。近県のキッズたちも遠くて大変と思いますがぜひ参加してほしいです。

試合動画はこちら

カテゴリー

アーカイブ

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP