越後春一番乃陣2019 試合レポート~一般~

それでは引き続きまして一般部門です。サイジムからは4人出場しました。

アマ修斗、グラップリングミドル級 遠藤太嘉志

アマ修斗。1Rお互いパンチ。カウンターでタックル仕掛けるも切られる。スタンドでパンチ勝負するも逆にもらい、タックル行くも切られる展開。2Rも同じ展開でパンチのプレッシャーに場外逃避で減点1。その後にテイクダウン、サイド、マウントまで取るも一本極めれず3-0判定負け。
グラップリング。がぶりから相手を崩し、サイドバック、サイド、マウント、最後はアームロックで一本勝ち。

柔術フェザー級 青津暖人

1R得意の立ち勝負でなく開始早々に引き込み三角の形になるも極めきれず。2Rは逆に引き込まれるも終了際にパスして終了。3-0判定勝ち。

グラップリング、柔術フェザー級 荒川毅

1R引き込まれて三角締めの形に入るが冷静に対処して、パスガード、抑え込み。2Rもお同じような展開で常に上を取って終了。3-0判定勝ち。
1R引き込んで三角締めの形に入るも極めきれず終了。2Rは逆に引き込まれるもパス。終了間際にアキレス腱固め取られるも逆に上を取って足ギロチンで終了。3-0判定勝ち。

ビギナー修斗、グラップリングフライ級 中村大介

1R開始早々にタックル来るも1回切って首をセットしダースチョークからのフロントチョークで一本勝ち。
1R今成ロールからの足関節でいいところまでいくも極めきれず。そのあとはお互い攻防が続き終了。2Rも下から足狙いからの三角締め、腕十字と極まりそうになるも相手も耐える。終了間際にヒールホールドで一本勝ち。

たかしは試合前に俺がいらんこと言って逆に動きが悪くなったのか、いつものプレッシャーをかけられなかった。グラップリングは同じ相手にほぼ完勝。あおつは中学生最後の試合。立ち勝負せず下から作って安定の勝利。高校いっても頑張ってほしい。つよしは良かったね。まさか2試合ともパスするとは思わなかった。最近は寝技も頑張っていて練習もほぼ毎日来ていた。技術練習も積極的で試合後、打ち込みしていたことができたと言っていた。だいちゃんはアマ修斗でエントリーするも相手がいなくてビギナー修斗。宣言通り2試合とも一本勝ち。実際強い。去年の冬、プロしかいないグラップリングクラスでずっとやってきただけある。あとはJセロウ先輩のおかげかな。

2試合とも1本勝ちで優秀賞GET

今回の大会は新人が多くて、どんどん新しい選手が出てきてるんだな~と思った。サイジムも新人のいい選手がたくさんいるのでぜひとも試合に挑戦してほしいです。

6勝1敗3つの1本勝ち

あと応援に来てくれたジム生、練習に付き合ってくれたジム生ありがとう。今度は自分の番だと思ってやっちゃいましょう。そしてセコンドについてもらった選手は、次は自分が選手のためにフォローしてください。

今後も新潟でのイベントが多くあります。興味ある人はぜひ参加ください。

今後の新潟でのイベントはこちら

試合動画はこちh

カテゴリー

アーカイブ

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP