SAI-GYM
お問い合わせはこちら

【試合レポート】越後春一番乃陣

【試合レポート】越後春一番乃陣

2022/03/22

先日行われた越後春一番乃陣試合レポートです。対戦表はこちらから

SAI-GYMからは7人出場。4人は初出場で若手が中心でした!

新潟の7つの道場から20人ほどの参加。ありがとうございます。

①越後荒波柔術 ルースター級57.5kg3分2R

〇松本洸(SAI-GYM)
×星野圭祐(レナトゥス柔術アカデミー)


この4月から高校生の洸は一般クラスでの参戦。本当は13試合目で対戦相手が3試合ある3試合目だったので、疲れてる相手とやりたくないということから1試合目を直訴。試合内容は大人相手にも臆せず積極的に攻めていき、テイクダウン、パス、サイド、マウント、バック、腕十字、バックチョークなど一本は獲れなかったが終始圧倒して3-0判定勝ち。

 

④越後荒波グラップリング67.5kg級3分2R

〇堅田さくら(総合格闘技ジムBATTLE)
×竹石有希子(SAI-GYM)


有希子は相手がいなくてもう試合はないと思っていたらしく、試合3日前に決まり3日で5キロ落としたようです。試合は上を取りたい有希子、下になりたくないさくら選手という感じでずっとスタンド勝負。1R終盤に足かけられテイクダウン。2Rは終盤倒されるもそのまま下から腕十字を仕掛ける。2-0判定負け。

 

⑤越後荒波グラップリング91.5kg級3分2R

×安達功(SAI-GYM)
〇平澤空翔(新潟イエローマンズ)


こちらも急遽参戦した功。寝技は数回しか練習してないけどよく試合受けた。テイクダウンされてパスされそうになるもしっかりエビで返して練習の動きはできていた。0-3判定明け。まだ高校生これからの活躍に期待。

 

⑥越後荒波柔術 ルースター級57.5kg3分2R

×星野圭祐(レナトゥス柔術アカデミー)
〇松本真(SAI-GYM)


前回の試合の再選ということで対策されてるのかなと思ったけど、タックルにもしっかり反応し下からスイープとフットロックでフットロックは極まりそうだった。2Rも終始ペースを握り最後はフロントチョークで一本勝ち。洸はフィジカルで押せ押せタイプ、真は下からテクニカルタイプ。兄弟だけどタイプが違う2人。

 

⑦越後荒波グラップリング61.5kg級3分2R

○渋沢徹しぶさわとおる(ピロクテテス新潟)
×牧伸哉まきしんや(SAI-GYM)


伸哉は初めての試合。まだ寝技歴は週1で10ヶ月くらいで正直対戦相手との経験の差はかなりあったけど、練習試合ということでやりました。でも自分の中では今大会ベストバウト。非常に面白かった。下から攻める渋沢選手に対し、とにかく攻めまくった牧。まだ寝技歴が浅いため対応できないところも多々あったけど、それはしょうがない。やれることを一生懸命やっていた。極められそうになっても本能的に動いて解除。結果は2-0で判定負けだったけど気持ちでやり切った。このまま続けていればめっちゃ強くなる。

 

⑨越後荒波柔術ミドル級69.0kg3分2R

△堅田さくら(総合格闘技ジムBATTLE)
△竹石有希子たけいしゆきこ(SAI-GYM)


有希子は同じ相手と対戦。グラップリングと同じような展開。2Rは有希子が終盤テイクダウン取るも、今度は逆に下から腕十字。結果は1-0引き分け。もうちょっと寝技の展開見たかったけど、お互いの考えがかみ合わずこういう試合になるのも事実。黒帯の試合でもあるし、プロの試合でもあるわけで。それでも有希子44歳でプロ選手相手によくやりました。

 

⑪越後荒波グラップリング61.5kg級3分2R

○小嶋正一こじましょういち(ファイティングラボ新潟)
×杉澤智哉すぎさわともや(SAI-GYM)


さっきベストバウトといったけど、こちらの試合もベストバウト。智哉も初めての試合。こちらも伸哉と同じで対戦相手との経験の差は大きかったけ智哉すごかったね。とにかく勝ちたい気持ちが溢れていて劣勢になっても決してあきらめない、智哉も寝技は週1で10ヶ月くらいだからやられたことないこともやられるわけだけど、智哉も本能的に解除したり極まりそうになってもなんか動いて解除したりと素晴らしかった。守ってるだけじゃなくて果敢に攻めて失敗も多かったけど、気持ちが伝わる試合だった。結果は3-0判定負け。智哉も強くなるわ。

 

⑫越後荒波柔術 ルースター級57.5kg3分2R

○星野圭祐(レナトゥス柔術アカデミー)
×今井章継(SAI-GYM)


こちらも初出場の章嗣。章嗣は柔術を練習メインにやっていてもうすぐ1年位。1Rは相手が引きこみながらスイープみたいな感じだったけど上を取って、果敢にパスを狙うも星野選手もしっかり対応してパスさせず。逆に下から攻められるも崩されず対応して1R終了。2Rはテイクダウンされそのままサイドポジションへ。ひっくり返すも三角の形に入りながらアームロックを極められ一本負け。でも練習していたことはしっかりできた。試合ではどんなにいろんな練習しても想定外なことがおきるので最初は打ち込みだけだと対応できないところがあるのも事実。章嗣もSAI-GYM新世代選手。試合前もめっちゃ打ち込みしていたし、練習も真面目。絶対に強くなれる素質があるのでこれからも頑張ってほしい。

 

今回初出場した功、信哉、智哉、章嗣。功は練習も久しぶりだったけど、よく出てくれたし、これからSAI-GYMの高校生どんどん試合出ると思うから期待しててほしい!信哉、智哉、章嗣は寝技の初心者クラスからの試合参戦。3人ともすごく良かった。やっぱり試合では力や気持ちや疲労度、緊張感で普段のスパーでは起こりえない状況が起こるのでそこを対応できるようになるためにはいろんな人とのスパーも大事だし、体力がなくなってると想定した打ち込みも大事。でもそこまで考えなくても今日出た4人はきっと試合に出て後悔はなかったと思うし自分で何かをつかんだはず。それを次の練習に生かしていけば昨日の自分より確実に強くなれる。

有希子は急な減量、全日本マスターからの連戦、若手のプロ選手の対戦とよく頑張った。なかなかできるもんじゃない。44歳だけど絶対黒帯取れると思うので黒帯取るまで続けてほしい。

そして真と洸。小学生からやってる柔術だけど、実はあまり結果は出てなくて負けが多かった。それでもやり続けて中学になり体も大きくなって一般クラスの柔術にも参加するようになり、いろんな大人とスパーするようになって自分たちでどうやったら強くなれるのか考えた結果、全く違うタイプの戦い方になったと思う。それから一気に強くなった。これからが楽しみ。

 

 


閉会式。こういう時期でも定期的に大会を開いてくれる風田さんには感謝しかないです。スタッフの皆さん対戦相手のみなさんもありがとうございました。


セコンドに来てくれたヨッシー、若ちゃん、杏佳、安達ありがとう。今回はずっとジャッジだったから助かった。そして山田さんいつも柔術指導ありがとうございます。


大会後は合同スパー。若ちゃん、杏佳、遥、信哉、智哉が参加。

遥はみんなに寝技強くてびっくりされていた。実際急成長している。杏佳、遥2人とも怪我も良くなってきてそろそろ試合に出したいところ。女子格闘技も盛り上げていくよ!

 

来月4月3日達磨プロ修斗、10日は高橋が全日本柔術選手権、17日はYOKOSAIがKROSSOVER17。

5月は北信越アマチュア修斗選手権。

みんなで盛り上げていくぞ!

 

 

 

入会キャンペーン実施中!

見学・体験のお申し込みはこちら


------------------------------------------------------------
総合格闘技・柔術道場 SAI-GYM
〒959-0265
新潟県燕市吉田東町9-1
電話番号 : 090-6628-4350(担当/横山)
------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。