SAI-GYM

【試合レポート】2022年度アマチュア修斗北信越選手権

お問い合わせはこちら

【試合レポート】2022年度アマチュア修斗北信越選手権

【試合レポート】2022年度アマチュア修斗北信越選手権

2022/05/29

5月22日にアスパーク亀田で行われたアマチュア修斗北信越選手権の試合レポートです。

 

SAI-GYMからは4人出場。3人がアマ修斗デビュー戦。今回のトーナメント表見たとき、あ~これは厳しいな~思ったのが正直な感想。レスリングのジュニア日本チャンピオンやら他団体のプロ選手やら、コロナが落ち着いて出場者も増えて、関東、関西からも多くの参加というかほとんど北信越地区以外からの参加。これはガチで全日本の切符を獲りに来ているガチ選手が多いということ(優勝すると全日本選手権の出場権がもらえる)北信越選手権は地方選手権中でも早く開催されるので、なんとなくわかっていたけど、それにしてもハードな選手権になった。

 

 

杉田 空 ストロー級(-52.2㎏)

初戦の相手は現修斗世界ストロー級王者。ONE世界ストロー級ランキング4位の箕輪ひろば選手の弟の箕輪湧陽選手。キッズ修斗からやっている選手。空は22歳でアマ修斗デビュー戦。開始早々に空のサイドキック。それでもひるまずタックルしてくる箕輪選手。テイクダウンされるもすぐにギロチンに捉え26秒一本勝ち。決勝戦はこちらもジュニア修斗、そしてレスリングで全国優勝もしている根井博登選手。空のスタイルは変わらず蹴りで距離を取りながら優勢に進めるも、蹴り足を取られテイクダウン。サイド、マウント取られ最後は腕十字。空は腕十字なかなか極まらないんだけど、形になってから逃げれないと判断されレフェリーストップで一本負け。それでも空以外経歴がすごい選手の中、準優勝!

 

 

本多直樹 フライ級(-56.7㎏)

そしてめちゃくちゃレベルが高かったフライ級。直樹は第1シード。2回戦は友常選手。お互い距離を取りながら直樹が組み付く。投げられるも上を取り返す。クローズドガードから攻める友常選手。パスを狙う直樹。ガードが割れヒールを狙うも上を取られボディパウンド。立ってタックルするもすぐにギロチンに取られ終了。1-2判定負け。積極的に仕掛けたが、結果が出なった。でも自分から仕掛けたのは良かった。

 

 

江口 諒 バンタム級(-61.2㎏)

20歳の諒もアマ修斗デビュー戦で初戦の相手は昨年の関東選手権優勝者第1シード選手の福山選手だったがなんと欠場。準決勝戦の相手はEX FIGHTに参戦している小西健次郎選手。打撃も寝技も強い選手。諒はテイクダウン狙うも倒せず逆に両脇刺されテイクダウンされるもかんぬきで投げ返す。上をキープしたいが相手も体が強くて跳ね返す。もう1回同じ展開になるもまたかんぬきで投げるも上取られる。下からギロチンの形になって極め続けて終了。微妙な判定。ほんとにどっちにつくかわからなかったけど2-1で判定勝ち。決勝戦はDEEPでプロ5戦している小川博史選手。準決勝では固かったタックルもキレが出て来てテイクダウン、バックといつもの形。2Rも同じ展開最後はギロチンも良い感じに極まっていて3-0で判定勝ち。優勝!

諒は初戦で自分の不甲斐なさ試合後に涙していて、そして決勝ではいつも通りの素晴らしい動き。運も引き寄せた。そういうのも含めて本人の実力だ思う。

 

 

立川郁也 ウェルター級(-77.1㎏)

こちらも20歳の郁也デビュー戦。初戦の相手は第1シードの宮﨑知之選手。体つきがやばい。郁也の2周りくらいデカくて試合前のミットもやばかったけど、郁也は臆することなくカーフ、ミドル、ハイキックと蹴りまくる。テイクダウンされるも最後は立って、打撃当てる。組まれるも最後は立って3-0判定勝ち。決勝は酒井章選手。本当は打撃で勝負したかったんだけど、初戦で右足を負傷してしまって蹴れなくなり、踏ん張れず力を出し切れず3-0で判定負け。それでも準優勝!

 

 

ということで激戦の選手権だったが、1人優勝、2人準優勝と大健闘でした。あのメンツでこの成績は本当にすごい。もちろん本人たちの実力もそうだけど、今回はセコンド陣営がしっかりやってくれた。セコンドとしてもみんな成長してきた。セコンドはめちゃくちゃ大事で日々の信頼関係を築くのも自分のためにも大事。

 

総括ですが一番練習して、一番減量して、一番選手権に思いが強かった直樹が初戦敗退。でも直樹の練習での姿で頑張ろうと思った若手やベテランも多いはず。勝負の世界は厳しいがまだ20代頑張ってほしい。諒は力はあるがグラップリング、柔術となかなか結果が残せず、でも腐らず真面目に素直によく頑張っていて今回の運の良さもそういうところが引き寄せたと思う。空と郁也はめちゃくちゃ練習してるわけではないが、かなり自分で考えていて、独自のスタイルを貫いている。試合前でも絶対的な自信を持っていてやっぱり自分を信じているやつは本番に強い。

 

 

来週は世界を制した澤田選手のサワダバーセミナーをSAI-GYMでやります。再来週はゼロスファイトにキックボクシングの試合にSAI-GYMの新鋭6名参戦します。また盛り上がってきたよ。SAI-GYMは人気だけではなく実力もあるぜ!

 

 

 

入会キャンペーン実施中!

見学・体験のお申し込みはこちら


------------------------------------------------------------
総合格闘技・柔術道場 SAI-GYM
〒959-0265
新潟県燕市吉田東町9-1
電話番号 : 090-6628-4350(担当/横山)
------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。